求人
電話:082-568-8300

〒732-0053
広島市東区若草町11-2
グランアークテラス3F

広島 審美歯科 歯周病 矯正歯科 インプラント 歯列矯正など

当院の矯正治療

インターネット予約受付中 広島インプラントリカバリー 呉駅前歯科・矯正歯科さきがけ SJCD INTERNATIONAL HIROSHIMA SJCD 求人矯正患者様の声院長ブログ
HIROSHIMA TOWER DENTAL CLINIC MOBILE SITE

矯正治療で歯並びがきれいになったら、何がしてみたいですか?

矯正冶療は、長期にわたる治療になります。
私は、装置が外れたらそれで終わりとは考えていません。むしろ治療が終わってからその噛み合わせを維持していくことこそが、重要だと考えています。長いおつきあいになりますが、皆様が生涯にわたりご自分の歯で、笑顔でおいしく食事をして幸せな人生を送っていただけるよう少しでもお手伝いできたらと考えております。当院の矯正歯科では、できるだけ多くの方に矯正治療を受けていただくために様々な方法で矯正を行っております。
中でも裏側矯正(舌側矯正)やマウスピースを使用して治療を行えば周りの方に、気づかれずに矯正することが可能です。
 

正確な診断を目指します

矯正治療は今後、デンタルCTによる3次元の精度の高い診断を行う時代になる、と言われています。
当院の矯正歯科では、より正確な診断を行うためにドイツKAVO社の最新歯科用CTを導入しております。それにより3D画像による診断が可能となっております。
今まで主流だったレントゲンは、歯や骨といった直接見えない硬い組織の中で起こったことを推測するには役立ちますが奥行きが分かりませんでした。しかし、CT撮影ならば3Dとして把握できます。
CTを使用した診断のもと治療を行なっていくことにより裏側矯正(舌側矯正)やマウスピース矯正を円滑に
進めていくことが可能です。

もし歯を抜かないといけなくなっても

ご安心ください。
当院では広島大学歯学部矯正歯科と提携し「歯の銀行」 に抜いた歯を保存することが可能です。将来的に虫歯などで歯を失った時にその保存してある歯を移植すれば再びご自分の歯で噛むことが可能となります。

広島タワーデンタルクリニック 広島大学病院内
ティースバンク
広島タワーデンタルクリニック
医療機関
大学病院または歯科医院
①何らかの理由で抜かれた歯
大学病院
②歯周組織再生・
人工歯槽骨
歯の冷凍保存
医療機関
大学病院または歯科医院
③患者様への歯の移植
●現在は、ご自分の歯に限ります

 

こんなに変わる!! 顔のイメージ

  受け口 出っ歯
 
■顔の印象がきついと言われる
■発音しにくい音がある
■舌足らず
■口が閉じにくい
■息がもれる
■麺類が噛み切りにくい
■口がいつも開いている
■口が乾燥する
     
  ガタガタ すきっ歯
 
 
■笑うと八重歯が引っかかる
■歯が磨きにくい
■虫歯が多くなる
■歯茎が腫れている
■引っ込んでいる歯が抜けて
 いるように見える
■口臭がでやすい
■食べ物が歯の間にはさまる
■つばが飛ぶ
■息がもれる

 

矯正歯科

歯の位置が正しくないと、様々な問題がでてきます。例えば、部屋をかたづけるのに、奇麗に整った部屋と物が散乱している部屋では、当然、掃除しにくいというのは、想像できると思います。

「これを口の世界に置き換えたら、どうなるか?」と言うと、当然、虫歯になりやすいし、歯周病にもなりやすいということです。また、しっかりと物を噛み切ることや、はっきりとした発音もできません。審美的にも問題が出てきます。

アメリカのトップの方に、歯並びの悪い方はまずいません。なぜかと言うと、歯並びの悪い方は皆さん、子供のときに治療しているからです。家庭環境、ある意味のステータスになっているという訳です。

当院の矯正歯科では、顎の関節をCTで診断した上で、矯正治療の治療計画を立てていきます。CTで診断することで、より正確な噛み合わせが実現できます。

一般的な矯正の場合


  • 歯並びの問題を解決するために、歯に装置を付けて歯を動かします。


  • 通常は装置を歯の表側に付けます。


  • 1ヶ月に1ミリを目安に歯を動かしていきます。装置を付けていた期間は約2年です。

このように、一般的な矯正治療では、歯の表に装置を付けて少しずつ歯を動かします。さらに、治療が終わるまで2年前後の期間がかかるため、「歯を見せた時に装置が目立つ」と言われる方が多いです。

当院の矯正歯科では、患者様のご負担を少しでも軽減できるよう、「裏側矯正」や「マウスピース矯正」をご提案させて頂いております。

矯正歯科を迷っている方へ

矯正治療を行うメリット

歯列矯正のメリットは、見た目だけではありません。
体調管理から疾患予防まで、歯並びを整えることには実は多くの利点があるのです。
しかし、一般的にはそれらの利点は知られていないことが多いです。

食べ物をしっかりと食べられる

歯並びが悪いと、バランス良く物が噛めません。噛み砕く力が弱く、食べ物を大きな塊のままの飲み込むことになり、胃や腸などにも負担がかかります。
矯正治療をすることで正しい噛み合わせとなり、これまで以上にものを噛む力が強くなります。これにより、片側の歯だけで食べ物を噛むというようなことがなくなり、お食事を正しく・美味しく・健康的に召し上がることができます。

虫歯や歯周病になる可能性を減らせる

歯並びが悪いと歯が磨きづらくなります。食べ残しが歯に挟まったままになったり、磨き残しができるため、歯垢や歯石が溜まり、虫歯や歯周病になりやすくなります。
矯正治療をすることで隙間を無くし、歯の健康を守ることができます。

顔の輪郭を正常にする

噛み合わせが悪いと、無意識のうちに片側だけで物を噛んだり、顎をずらして噛んでしまいます。
この状態が続くと、ずらした顎や口の片側の筋肉が硬直してしまい、顔の輪郭が変形してしまうことがあります。
矯正治療を行うことで、こうした顔の輪郭をもとに戻すことが可能です。

人前で自身を持って、話せる・笑える

発音には前歯の噛み合わせが非常に重要です。
出っ歯、開口などで前歯がしっかり噛み合っていないと、息がもれてしまい上手く発音できないことがあります。
また、極端な出っ歯や受け口やデコボコの歯並びを美しいと思う人はあまりいません。口元の美しさは人に良い印象を与えます。裏側矯正(舌側矯正)やマウスピース矯正なら矯正治療中も人前でも気になりません。

顎の病気や未病を予防する

悪い噛み合わせでは、きちんと噛みしめることができないため、顔や首周辺の筋肉、骨に悪影響を与えてしまいます。さらに悪いことは、消化器官はもちろん、発育や姿勢にも影響を与えると言われています。
噛み合わせを治すことで、周辺の筋肉のバランスを補正することができます。
近年、不眠の理由のひとつに、歯並びが関係しているとの報告があがっています。